コラム目次に戻る


浦和レッズ、ACL優勝!!
 
 11月25日、埼玉スタジアムで、運命の決戦が行われた。
アジアチャンピオンズリーグ決勝第2戦、サウジアラビアのアルヒラルとの戦いだ。第1戦はアウェーで1:1の引き分け、しかしアウェ−ゴールを奪って、心強いホームの戦いに帰ってきた。

 試合前からソワソワして何か落ち着かない。仲間に話しかけても上の空。
きっと大勝負なので緊張していたのかもしれない。それを吹き消すかのようなサポーターたちの応援!後ろからサポーターが「みんなー!立ってくれー!!」という叫び声がしたとたん、大声を張り上げている自分がいた。「WE ARE REDS!!」コールで、もうすでに目頭は涙で潤んでいた。

 アウェーの第1戦で、アルヒラルが強いのが分かった。個人の能力も高く、プレスが早く、スピードもあり怖いチームだ。だから試合前は相当苦戦すると予想していた。しかし、レッズも対策を立ててきて、自分たちも前線からプレスをかけて、相手に自由にボールを動かせないようにチャレンジしていた。

 危ないシーンもあったが、レッズもチャンスが結構あった。前半が終わり0:0、後半どうなるか心配が強かった。しかし、レッズは頑張った。みんなで動き回って、スペースを消して、とことんマークを外さないプレーに徹した。それが奏功して、アルヒラルと対等に試合を進めることができた。後半30分を過ぎたころから、相手は焦ってきた。だからファールも増えてイエローカード→レッドカードが出て、相手が一人少ない状況になった。

 安心はできなかったが、攻撃の分厚さが多少減少した。そのときだった。武藤からラファエルシルバにパス、これをラファがうまく体を反転、ボールを持ち込み、思いっきりシュート、これがゴールに突き刺さった。

 歓喜の瞬間だ。観客は総立ちで叫んだ!「うおーーーーーっ!!!!」「ゴーーーーーール!!!」目頭が熱くなった。あとはロスタイムの4分を堪えるだけ。思ったよりロスタイムは長引かず試合終了のホイッスル!勝った!
勝った!昨年のチャンピンズシップの悔しさを晴らしてくれた!とても嬉しかった。

 仲間とハイタッチして抱き合った。表彰式で、選手みんなが笑顔で、トロフィーを持ち上げて喜びを爆発させた瞬間は、なんとも言えない幸福感に包まれた。浦和レッズを応援してきて良かった。諦めずに応援してきて良かった。今までのマイナスの気持ちが吹っ飛んで報われた。

 今日から商店会では、「浦和レッズ・ACL祝優勝セール!」が始まる。町中でこの喜びを分かち合い、次のステップに進んでほしい。もちろん、世界クラブ選手権も楽しみだが、はやり来年のJリーグで優勝争いをしてくれることだ。頑張れ浦和レッズ!頑張れ川上行生!

 




試合前のコレオグラフィー


試合後に仲間といっしょに喜ぶ瞬間


歓喜の瞬間!私の席からは後ろ側しか見えなかったが・・・




病気・疾患対応&治療・改善方法季節の疾患情報&ニュースお肌のトラブル対策相談コーナーなんでも交流掲示板当店紹介漢方な話健康補助注文コーナーリンク