コラム目次に戻る


「反日種族主義」を読んでみて
 
  李栄薫(イ・ヨンフン)編著の「反日種族主義」を読んでみた。
副題として「日韓危機の根源」帯封に「歴史に嘘をつくことはできない」とある。

 以前から私はなぜ韓国はこれほど反日を繰り返すのか、ということに疑問を持っていた。一昨年のいわゆる「徴用工判決」で一気に日韓関係は最悪の状態になってしまった。それ以前も「従軍慰安婦問題」でずっと揉めていたわけである。

 私は日本人だけど、日韓関係についてできるだけ客観的で公平な見方をしようと思っているひとりだ。しかし、徴用工にしても、慰安婦問題にしても、韓国側の言い分があまりにも理不尽で一方的なので、どうしても韓国とは仲良くできないだろうと感じていた。

 しかしこの本を読んでビックリした。韓国人の中にも真実を見ようと試みている研究者がいるのだと。それもたくさんの歴史資料を調べて、客観的な情報を基にこの本を書いているのだ。だから非常に説得力がある。

 韓国でも日本でも沢山の人がこの本を読んでいる。それはお互いにいつまでもいがみ合っても何も生まれないということを感じているからだと思う。真実をお互いに共有して、隣国としてお互いに発展できれば両国民にプラスになるだろうということだ。

 もちろん、そんなことは絶対無理だ、と感じている人もいるだろう。しかし、韓国内でこのような自省的な論点を持てる人がいるのだ、ということが大切である。つまり、今まで反日を唱えていた人の根拠が崩れていけば、徐々にではあるが意識の変化が生まれる始めになる可能性があるということだ。

 反日の本質はシャーマニズム(生死を超えた民族主義)と無知が関係していると書かれてある。嘘をつくことが当たり前になっている韓国の意識を変えていくには、歴史の客観的な検証が必要だ。土地測量の目的の真実、慰安婦の歴史などを通じてそれを丁寧に解説してくれている。

 私はこういう真摯な態度で日韓関係と過去の歴史を見ている人を尊敬する。それは自国に対する愛であり、自由に対する愛であると感じている。この本がきっかけとなり、日韓の新しい関係の始まりになることを願っている。





病気・疾患対応&治療・改善方法季節の疾患情報&ニュースお肌のトラブル対策相談コーナーなんでも交流掲示板当店紹介漢方な話健康補助注文コーナーリンク