コラム目次に戻る


新型コロナウイルス感染症禍で思うこと
 
  今日7月29日は母の命日、父母がいたころのことを思い出しつつ現在の状況を鑑みるに、先の見えない難しい状況であることを感じる今日この頃です。

 今年の4月から次男が店の跡を継ぐために働き始めました。毎日いっしよに勉強し、過去の症例を研究しています。これから漢方の相談薬店として生きていくために頑張っていくことでしょう。

 さてそういう中、今年に入り、新型コロナウイルス感染症が世界的な流行(パンデミック)を起こしています。日本も毎日千人近くの感染確認者が出ています。こういう状況下、私たちはどのように暮らしていけばよいのでしょうか。

 一番は感染しないことに集中することですが、生活もしていかなければなりません。私どもの生業は、漢方薬で人々の健康に貢献することです。その第一義を大切にすることが毎日生活するうえでの道しるべになっているような気がします。

 つまり、自分たちが感染しないため、もしくは感染しても重症化しないように漢方薬を服用し、毎日の生活養生を実践していくこと、そしてお客様にそれを伝えていきお役に立つようにすることです。

 感染症からからだを守るには、衛気(防衛力・免疫力)を高めておく必要があります。また重症化する人は血栓ができるということなので、普段から血栓ができないような体作りをしておくことです。60歳を超えた我々夫婦は最低限これらを予防する漢方薬を毎日しっかりと服用しています。そしてお客様にもお薦めしていこうと思っています。

 あと何年このような状況が続くか分かりませんが、いつか安心して暮らせる日が来ることを信じて、この非常時を乗り越えていきたいと考えています。また毎日の生活の中では”笑い”が心を和ませてくれますので、楽しい会話を心がけていきたいです。

                   
            





病気・疾患対応&治療・改善方法季節の疾患情報&ニュースお肌のトラブル対策相談コーナーなんでも交流掲示板当店紹介漢方な話健康補助注文コーナーリンク