飲む目薬で視力を守る

 
「肝は目にアナを開く」といいます。目は、五臓の”肝”とつながっているという意味です。
五臓でいう”肝”は血液の貯蔵庫で、血液のごみを処理し、きれいになった血液に栄養を与えています。
きれいで栄養豊かな血液”肝血”は、すべての組織・細胞を養い、生理機能を営み、生命を与えます。そして、この”肝血”の大需要家が脳と目と筋肉です。
目は、最も感度の良い感覚器官です。”肝血”が不足すると、真っ先に目が悲鳴をあげ、目の疲れ、かすみ、ぼやけ、痛み、充血、涙目、目やに、視力の低下などの症状を起こします。
近年では一日中コンピューターを使って仕事をしている人も少なくありません。目の障害といえば以前は高齢者に多かったものですが、最近は若い人達にも広がっています。目を休めながら上手に使うことを心がけ、目を守るようにしたいものです。
中国には、昔から”飲む目薬”と呼ばれる「己菊地黄丸」があり、目の疲れをとって視力を守ります。この処方は、肝臓の働きを良くするクコの実と菊の花の2つの生薬に、肝と腎を養う「六味地黄丸」を組み合わせたもので、白内障の予防に役立ちます。
中国医学の経験によると、肝の親は腎で、肝を強めるためには腎を強化せよ、といいます。この考え方にしたがって作られた処方が「六味地黄丸」です。この六味地黄丸に、さらに肝を助けるクコシとキクカを加えて明目作用(視力を高める作用)を強めたのが「己菊地黄丸」です。
腎は、今日でいう腎臓よりも多くの内臓系を指します。ホルモンの分泌を促し、骨を強め、聴力を助けるなどの作用があり、老化を防いでいます。

目を使う仕事が毎日沢山ありますので、もう少し優しくしてください!       

BACK