漢方用語のかんたん解説
(東洋医学用語の基礎知識)

(き)

生命を維持するために必要な、目に見えないエネルギーのようなもの。元気とほぼ同じものです。体の隅々まで巡って、「血」や「津液」を先導する役割をします。

(けつ)

生命を維持するために必要な、体の栄養や燃料になる物質的なもの。西洋医学でいわれる血液とほぼ同義語ですが、赤血球や血液そのものを指すだけでなく、血液の作用も含む概念。全身の組織や器官を滋養します。

津液(しんえき)

生命を維持するために必要な、体を潤し、関節の動きを順調にするもの。水のようなものですが、ただの水ではなく、体の働きで体の役に立つように変えられた水です。体液とほぼ同義語です。

腎陽(じんよう)

「腎」に貯えられている「熱」の源で、活動力の種火のような存在。この「腎陽」に温められて、いろいろな体のはたらきが活発に機能します。その勢いは、誕生してから成長と共に充実し、年齢とともに徐々に衰退します。

腎陰(じんいん)

「腎」に貯えられている「津液」の予備。生命力の貯金に相当します。「腎陽」で温められ、水蒸気のように軽い「津液」となって、体中を巡ります。過労を積むと消費され、睡眠をとると回復します。

腎気(じんき)

「腎陽」とほぼ同じ意味ですが、「熱」よりも、具体的な機能を強調する時に使われる用語です。「気」のはたらきのうち、「腎」のはたらきと関係が深いものを指す時に使います。

水穀の精微(すいこくのせいび)

飲食物から取り込まれる、生命を支えるものを指します。栄養素といった物質的なものだけではなく、飲食物が持つ「気」をも含む概念です。生きるためにはこれを補充しなければなりません。

清気(せいき)

呼吸によって取り込まれる、大気中の「気」のことです。「先天的」に持っている気に「水穀の精微」の気とこの「清気」が合わさり、全身を巡る気が作られます。

気虚(ききょ)

「気」が不足した状態。量が不足している場合だけでなく、「気」の働きが低下している状態も含みます。「疲れる」という症状を中心にいろいろな特有の症状が発生します。

気滞(きたい)

「気」の流れが悪くなって滞ってしまう状態。「脹る」という症状を中心にいろいろな特有の症状が発生します。

(ねつ)

体の働きを支える、正常なエネルギーを指します。また、正常な範囲を超えてエネルギーが過剰になった状態も「熱」といわれます。病気で体温が上昇する熱とは、直接関係はありません。自然界の熱のように、《上昇》や《他のものを乾燥させる》性質を持ちます。

(か)

病的な「熱」の勢いがさらに強くなると、炎が上がるように「熱」の異常な機能が暴走します。この状態を「火」と呼びます。体温とは直接は関係しませんが、激しい「熱」の症状が発生します。

(おけつ)

「血」の流れが滞ったときにできます。「血」の流れの悪い状態は、「血」と呼ばれます。どちらの場合も、「痛み」を中心としたいろいろな症状が発生します。
※「のひみつ」を参照してください。

湿(しつ)

「津液」が過剰になったり、流れが悪くなったためにできる、体の役に立たなくなった水。動きが悪いために、「気」や「血」や正常な「津液」の動きを邪魔し流れを悪くします。自然界の湿気と同じような余分な水の症状とともに「重い」という症状がでてきます。

(たん)

「湿」よりも粘性が高く、さらに動きの悪い物質。肺から出る痰もその一部ですが、肺からだけでなく、体中どこででも発生して、「気」「血」「津液」の流れを邪魔します。「怪病は痰を疑え」といわれるように、原因がわかりにくい病態や長引くものが関係することが多いです。現代医学的にいわれる「中性脂肪」や「コレステロール」もこの範疇に入ります。

湿熱(しつねつ)

「湿」と「熱」が結びついてできる、ドロドロとした粘性の高い物質。「湿」と「熱」の両面の性質を併せ持つため、体が処理しにくく、体内ひとどまりやすい性質を持ちます。暴飲暴食やウイルスなどの外邪が原因となることが多いです。

(かん)

「気」や「血」がスムーズに動くように調節する臓器です。感情や自律神経と関係し、ストレスによる影響を受けやすいところです。また、「血液」の貯蔵庫でもあり、現代医学的な「解毒作用」の働きもします。五行の「木」に属し、「胆」「筋肉」「眼」に関係します。

(しん)

西洋医学の心臓と同じ働きを持つほか、大脳にかかわる精神活動を支えます。体の働き全体を統括する司令塔のような役割をしています。五行の「火」に属し、「小腸」「血脈」「舌」に関係します。

(ひ)

消化吸収によって飲食の中から「気」「血」「津」「精」を補充し、これらの動きの原動力となる臓器です。誕生移降、生命力を維持する中心的な役割を果たすため、「後天の本」と呼ばれます。西洋医学でいう「胃腸」と「血管系」を含み、食欲や元気および排便などに影響を与えます。五行の「土」に属し、「胃」「肌肉」「口唇」に関係します。

(はい)

呼吸の調節のほか、水分代謝、皮膚、免疫機能などと関係する臓器です。体を取り巻くバリアーのような役割をしています。「肺」の「気」が不足すると、風邪をひきやすくなったり、息切れをしたりします。五行の「金」に属し、「大腸」「皮毛」「鼻」に関係します。

(じん)

西洋医学でいわれる腎臓と同じく水分代謝の働きを担うほか、成長、発育、生殖などにも関連する臓器です。先天的な生命力をしまい込んでいる場所で、「先天の本」と呼ばれます。ホルモンや内分泌系と考えるとわかりやすいと思います。年齢を重ねるごとに弱りが現れやすいところです。五行の「水」に属し、「膀胱」「骨髄」「耳」に関係します。

陰陽(いんよう)

自然界のすべてのものを、相反する2つの性質を持つものの相互関係で理解する考え方です。東洋哲学の根幹をなすものです。陰は「水」、陽は「火」に代表される性質を持ち、互いに育て、抑制し、バランスを保っています。

五行(ごぎょう)

自然界のすべてのものを、「木・火・土・金・水」の5つの性質に分け、それらの相互関係で理解する考え方です。体の働きも、これに当てはめられた「肝・心・脾・肺・腎」5つの臓器や、「青・赤・黄・白・黒」5つの色や、「酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩辛い」5つの味がすべて関連しあっています。

虚証(きょしょう)

体にとって必要なエネルギーや栄養が不足している状態です。先天的な体質でおこることが多く、病気が長引いたり、年をとるとこの状態になりやすくなります。

実邪(じつじゃ)

体にとって不必要なものが停滞している状態です。ウイルス・気候の変化・冷え・暑さ・湿気・乾燥・熱などが、病的な作用をしたとき。飲食不節・ストレスなどが病気を引き起こしたとき。体の中のもの(気・血・津液)の流れが滞って、「気滞」「血」「水滞」を起こし、これが体にとって働きを失い余分ないらないものとなります。これらを総じて「実邪」と呼びます。

※ この項目は、仙頭正四郎 著 「東洋医学の健康診断・読体術」を参考にさせていただきました。

BACK


病気・疾患対応&治療・改善方法季節の疾患情報&ニュースお肌のトラブル対策相談コーナーなんでも交流掲示板当店紹介店主コラム健康補助注文コーナーリンク