川上薬店
川上薬店
川上薬店

腰の痛み、関節痛、首・肩の痛み、神経痛など


痛みと中医学(漢方)

腰に限らず痛みというのは辛いものです。

たいていの痛みについては解熱鎮痛剤や抗炎症剤の服用、電気療法や鍼灸で良くなることが多 いと思います。 しかし、中には病院へ行っても良くならない、検査しても原因が分からないという痛みが存在します。中医学ではそんな痛みに対しても原因を考えてお薬を処方することにより改善する例も沢山あります。

 

中医学で考える痛みの治療のポイントは以下のことです。

 

(1) 痛みを引き起こす原因を他の症状と併せて導き出す。

(2) 痛みの性質を把握する。

(3) 痛みの部位を把握する。

(4) 痛む時間(天候・朝昼晩・継続時間)

(5) 病気の段階性(部位の深さ・浅さ、病状の重さ・軽さ)を把握する。

 

※端的にいうと「いつ、どこが、どのように痛むのか?どんなふうにすると痛みが増し、痛みが楽になるのか」ということが解ると治療方法を導き易くなります。

腰 痛

腰痛では、「ぎっくり腰」のような急性のものや、椎間板ヘルニア・脊椎分離症など外科的に原因がはっきりしているものもありますが、約50%は原因不明のものと思われます。しかし、漢方薬は「急性」、「慢性」にかぎらず、原因不明の腰痛にも対応できます。

 

また、東洋医学では「鍼」、「灸」、「整体」、「温泉療法」など有効な手段がいろいろあり、これを併用すると効果的です。

タイプ別にみる慢性の腰痛

腰痛のタイプ 原 因

腰部の冷痛、重苦しい、活動不自由、曇りや雨の日に腰痛がひどくなる、

腰部を暖めたりもんだりすると痛みが軽減する。

 冷えや湿気による

腰部を刺すような痛み、痛いところが固定しており、活動の不自由、

痛いところの皮膚が青紫色になる。

  血液がひどく滞る

腰から脇肋部に疼痛がおよび、緊張やストレスのよって誘発されたり増強し、

肝気の昇発する夜明け頃に疼痛が強くなる。

 ストレス、緊張
腰部が硬く、活動が不自由、痛みは疲れると増強する。  長時間の重労働

腰痛、腰部の活動不自由、しばしば腰や下肢の脱力感、腰が疲れやすい、

ちょっと仕事をすると腰が疲れて痛くなる。寒がり、四肢の冷え、夜間の頻尿などを伴う。

 長年の腰痛で寒がり

腰痛、腰部の活動不自由、しばしば腰や下肢の脱力感、腰が疲れ易い、

めまい、手足のほてり、潮熱、寝汗などを伴う。

 長年の腰痛でほてる

当てはまるタイプはありましたか?

また、一見するとほてるタイプでも、お話を聞いていくと実は寒がりのタイプの漢方があっていたりすることもありますので、しっかりお話をお伺いしてから漢方を処方させていただきます。

 

また、その他の痛み(頭痛、変形性膝関節症、慢性関節リウマチ、坐骨神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛、関節痛〔膝・ひじ・肩・手首・足首・股関節〕、原因不明の痛み)に対してもしっかりと問診をし、あなたのお悩みを改善して健康な毎日を送るお手伝いをさせていただきます。

  • HOME
  • Tel
  • お問い合わせ