漢方専門 川上薬店
漢方専門 川上薬店
漢方専門 川上薬店

子宮筋腫

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は珍しくない腫瘍です。小さなものも含めると、30歳以上の女性の20-30%にみられます。がん(悪性の腫瘍)ではありませんが、貧血や痛みなど様々な症状の原因となります。

複数個できることが多く、数や大きさはさまざまです。大きさやできる場所によって症状が違ってきます。できる場所によって、子宮の内側(粘膜下筋腫)、子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)、子宮の外側(漿膜下筋腫)に分けられます。

子宮筋腫が出来る原因は?

子宮筋腫が出来る原因とは何なのでしょうか?

ここでは西洋医学と中医学(漢方薬)での考え方の違いをご紹介致します。

西洋医学的な考え方

西洋医学では子宮筋腫が出来る原因というのははっきり分かっていません。

しかし、卵巣から分泌されるホルモンによって大きくなってしまので、閉経をすれば次第に小さくなっていく傾向にあると考えられています。

ですので閉経が近い年齢での子宮筋腫や閉経後の子宮筋腫の発見は、すぐ手術と言うことでは無く経過観察をして症状が無い・軽度である場合には服薬治療を選択する事が多いそうです。

しかし閉経後も小さくならない筋腫もあるのでその場合は摘出手術をします。

中医学(漢方薬)的な考え方

中医学では子宮筋腫の事を「癥瘕(ちょうか)」といいます。

これは漢方薬でよく耳にする「瘀血(おけつ、詳しくはこちらのページをご覧ください)」の状態が長らく続いてしまうと、血管の中の血液の流れが悪くなってしまいます。

女性は月経があり、「瘀血」の状態であると月経時に流れの悪い血液が出きらずにとどまってしまいます。

これが毎月繰り返されていくことによって段々と悪い血液の塊となっていきます。こうして段々と硬くなっていき「癥瘕(ちょうか)」となります。

閉経間際で癥瘕となった場合には、閉経後大きくなることはほぼありませんが、小さくなることもあまりありません。癥瘕の前段階の瘀血の状態でしたら閉経後自然と小さくなることはあります。

子宮筋腫の治療は?

西洋医学での治療

小さくて無症状の場合は治療の必要はなく、治療法には手術と薬があります。手術では子宮を取ってしまう(子宮全摘術)のと筋腫だけ取る手術(筋腫核出術)があります。将来子供がほしい人や子宮を残す希望の強い人では筋腫だけ取る手術を実施しますが、手術の際、出血が多くなるのが難点です。また、直接見てもわからないような小さな筋腫が取り残される可能性があり、数年後に子宮筋腫が再発してくることもあります。最近、腹腔鏡を使って手術行う施設も増えてきましたが、大きさやできた場所によって腹腔鏡での手術が難しい筋腫もあります。

子宮筋腫を根本的に治す薬は、今のところありませんが、薬で子宮筋腫を小さくしたり、出血や疼痛などの症状を軽くすることができます。薬の治療には、月経を止める治療(偽閉経療法)が行われます。治療薬には毎日の点鼻薬(鼻からのスプレー剤)と4週間に1回の注射薬の2種類があります。この治療では女性ホルモンの分泌が少なくなるので更年期様の症状がでたり、骨量(カルシウム)が減少するおそれがあるため長期(半年以上)の治療できません。また、治療初期には不規則な出血を認めることもあります。治療中は子宮筋腫が半分近くまで小さくなりますが、治療を中止すると元の大きさに戻るのが普通です。このような理由から、薬による治療は、手術前一時的な使用や、閉経が近い年齢の方などの一時的治療として行われることが多いようです。そのほか、ピル(経口避妊薬)を服用することもあります。女性ホルモン量の少ないピルを使うことで、筋腫が大きくならず、症状も楽になることがあります。

中医学での治療

中医学では子宮筋腫「癥瘕(ちょうか)」の治療には次のような方法をとることが多いです。

①塊となっている部分を崩す

②新しい血を補給する

③血液の流れを良くする

④「気」の流れを良くする

この4つの治療を並行して行うものが基本となります。

その方の状態によって塊を崩すことに重点を置いたり、血液の流れを良くすることに重点を置いたりしますが、基本的には全部並行して行います。

中医学での考え方では、例え子宮全摘出手術を行ったとしても体は「瘀血」が出来やすい状況にあるのは変わらないのでそのうち他の症状が出てきてしまう(軽いと肩こり首こり下肢静脈瘤、重いと脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞等)から、そもそもの原因である「瘀血」の状態にもアプローチしつつ、現在ある筋腫を小さくしていきましょうという治療になります。ですが、4~5cm以上の大きな筋腫になってしまうと、治療は困難になってきます。大きな筋腫を小さくするにはかなり長い時間を要するとともに、必ず取り切れるとは言えません。かなり大きくなってしまった場合には摘出手術をした後に、瘀血を解消するために漢方薬を服用していただくことを強くお勧めいたします。

子宮筋腫と診断されたら・・・

子宮筋腫=子宮摘出というイメージがあるため、子宮筋腫と診断されたら非常にショックを受けると思います。

ですが、状況によっては漢方薬の服用のみで子宮筋腫がなくなる場合もありますし、再発防止のためには漢方薬はかなり役立ってくれます。

今現在子宮筋腫があり、手術はちょっと・・・と思っている方はもちろん、摘出手術をした方には将来の病気の予防のためにも漢方薬を服用していただくことをお勧めいたします。

 

まずはご相談いただいて、現在の患者様の体の状態をお伝えし、こういう風に治療していきますということをお伝えさせていただき、ご納得いただけたら治療開始という流れになりますので、必ずその場で治療するかどうか決めなければいけないということではありません。

一度家族と相談してからという方もいらっしゃいますので、お気軽にまずは当店にご相談いただければと思います。

  • HOME
  • Tel
  • お問い合わせ