川上薬店
川上薬店
川上薬店

花粉症

花粉症とは?

花粉症の女性

花粉症の定義

花粉症とは、鼻腔内に入ってきたスギ等の植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることをいい、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。メカニズムとしては、アレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると、体内に抗体が作られマスト細胞という細胞に結合します。その後再びアレルゲンが侵入すると、マスト細胞からアレルギー誘発物質が放出されることにより鼻水等のアレルギー反応が引き起こされます。

また、花粉症の他にダニなどのアレルゲンによって引き起こされる鼻炎は通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。最近では花粉症と通年性アレルギー性鼻炎の併発や、複数の花粉に反応する花粉症など、ほぼ一年中症状に悩まされるという人も少なくありません。(※エスエス製薬のHPより引用


花粉症の治療法

西洋薬、ステロイド、抗ヒスタミン剤

西洋医学での治療

西洋医学での花粉症の治療は、抗ヒスタミン剤を用いた投薬治療か、注射による根本治療・対症療法となります。

注射による根本治療も重篤な副作用(アナフィラキシーショック)の恐れがあるものや、何故効くのかわかっていないものなどあり、必ずしも安全ではありません。

しかし、ものすごく酷いアレルギー反応に対してはステロイド注射などをして一時的に症状を緩和させるといった方法は有効です。


漢方薬

漢方薬・中医学での治療

漢方では、今出ている症状(目のかゆみ・鼻水等)を抑えるとともに、アレルギーの反応が出ないように体の免疫力の強化や胃腸・肺・皮膚の強化をしていきます。

花粉症がひどい人もいれば全くない人もいるように、本来異物ではないものに対して過剰に反応してしまっている、というのが漢方の考え方です。

アレルギーがあるということは体に何らかの異常があるということで、この異常を見つけ出して治療していくのが漢方薬・中医学です。


ツラい花粉症・・・どーすればいいの?

花粉症対策の女性

まずは自分の生活習慣から!

アレルギーは漢方では、「肺」の疾患と捉え、肺自体や肺の付属器官である「皮膚」を鍛えることと、肺の親である「脾」の働きを高めることが予防のポイントになります。肺を鍛えるには「呼吸法」が重要です。

「気功」や「ヨガ」「丹田呼吸法」などでゆったりとした呼吸をする訓練をすると良いです。皮膚を鍛えるには、「乾布摩擦」や「水泳」なども良いです。「脾」の働きを高めるには、「余分な水分の摂り過ぎ」に注意して、「冷たいものを飲食しない」ことが大切です。また、「肺」と「脾」の両方にいいのが、薬味(香辛料)の積極的な摂取です。皮膚の発散や食べものの消化を助けます。それにより免疫力が高まり、アレルギーである「花粉症」の予防になるわけです。

このようなことを日頃気を付けて過ごすだけでも今までのような花粉症の症状は少し抑えられます。


徹底的な花粉症対策

漢方薬の力

生活習慣の改善とはいってもすぐに良くなるわけではありません。現在の症状は杉の木を切るわけにはいかないので薬で何とかしましょう!

昼間は仕事もあり眠くなっては困る人も多いと思います。眠くなりにくいアレルギー性鼻炎専用のお薬もありますが、それでも眠くなってしまう方もいます。そんな時漢方なら眠くならずにつらい症状を抑えることができます。夜・寝る前などは、朝起きた時のモーニングアタックに備えて市販のお薬でもいいと思います。

こうした薬を併用しながら胃腸と肺の機能を強化して水分代謝を良くして防衛力を高める漢方薬を服用することで、花粉症の症状が軽く済んだり出なくなったりします。


花粉症のお悩みはお近くの「漢方療法推進会」のお店へ!

いかがでしたか?

 

年々患者数が増え、患者の低年齢化も進んでいる「アレルギー疾患」については漢方薬が大変有効であると考えます。

漢方の相談は専門の漢方薬局「漢方療法推進会」の会員店にご相談ください。

  • HOME
  • Tel
  • お問い合わせ